ブログ

知らなかったではもう遅い!? なぜ、エンジニアでもない人がプログラミングを学ぶのか。

プログラミングに挫折した女性 プログラミングは大人にも子供にも人気のある習いごとになりつつあります。しかし、苦手意識を持っている人も少なくありません。世間一般的にもプログラミング=「難解なもの」というイメージがあるのでしょう。

 まずあなたが知っておくべきことは、プログラミングは非常にシンプルで、曖昧なところのない「楽しいもの」です。「理解する」とか「納得する」といった受け身の姿勢ではなく、自発的に動いていく能力が必要になります。

 

 プログラミングをする中で、生々しい試行錯誤の跡を残し、そこからいろんなことを感じ取ってください。その後、先輩のプログラムを見せてもらって、できる人の頭の中を覗いてください。そうです、プログラミングは仕事に共通するプロセスそのものなのです!あなたが、これから先どんな仕事をするにしろ、プログラミングを学ぶことをオススメします。

目標が明確になり走り出した女性

 

 ガジェットの無料体験は、

「自分にはセンスがないから・・・」、

「自分は文系だから・・・」、

「数学はすごく苦手で好きじゃないから・・・」

こうした苦手意識という「壁」をどのように突破していけばいいか一人ひとりとじっくりお話させて頂いております。まずはお気軽に無料体験であなたの思いをお話くださいませ。

 

 私、芹川(せりかわ)ももともとプログラミングやデザインなど自分にはできないものという苦手意識がありました。この苦手意識を克服するための方法を自らの経験から導き出し、ガジェットPCスクールのレッスンとしてご提供しております。

  • 知らなかったではもう遅い!? なぜ、エンジニアでもない人がプログラミングを学ぶのか。 はコメントを受け付けていません。
  • ブログ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コメントは利用できません。

関連記事

ページ上部へ戻る