コンテンツの作り方

  1. プライムさんのWordPressオライリー本2冊

    【スキルアップ】ゴールデンウィーク中にFoundation、WordPress、concrete5などやりたかったことやってみよう!

    ゴールデンウィーク中にFoundation、WordPress、concrete5などスキルアップをしよう!WordPressはとてもお世話になっているCMSです。

  2. HTML5のリストで注意書きや箇条書きで使えるテクニック

    【自社内製】中小企業のための集客につながるブログ運用の基礎

    FacebookやTwitterなどのソーシャルメディアではなく、ブログを運営することの効果とは?現在、多くの企業がFacebookやTwitter、LINEなどのソーシャルメディアに注目しております。ブログを活用している企業は少なくなっています。

  3. MacでHTML5コーディング

    【自社内製】あなたが制作会社に依頼せずにホームページ制作をする方法

    Webサイト制作ソフトは使わずにWordPressやconcrete5などのCMSを活用しましょう今は便利な時代になりました。

  4. HTML5/CSS3ベースかWordPressやconcrete5などのCMSベースか

    【WordPress】HTML/CSSのWebサイトかCMSのどちらでWebサイトを立ち上げるべきか

     HTML/CSSのWebサイトかCMSのどちらでWebサイトを作成するか(新規制作・リニューアルどちらの場合も悩みますよね)新規Webサイトの立ち上げやリニューアルで当社の商談でよく話にでるのが…「HTML/CSSのスタティックなページでDreamweaverやホームページビルダーで編...

  5. 【WordPress】インターネットの世界のお客さまへの対応を考えてみよう!

    【WordPress】インターネットの世界のお客さまへの対応を考えてみる

    「あれっ、うちの会社のホームページってそんなこと書いてあったかな?」そんなお問い合わせきたことありませんか?リアル店舗の美容室、スーパー、パン屋さん、居酒屋さん、そしてガジェットのようなパソコン教室には、その目的に合った方しかいらっしゃいません。

  6. WordPressホームページでどんなコンテンツを公開したらいいの?

    【WordPress】コンテンツが大切って言われても、Webサイトにどんな情報を公開したらいいの?

    ガジェットがWordPressにてWebサイトを納品したお客さま、ガジェットPCスクールにいらっしゃっているお店のオーナーやWebデザイナーを目指している生徒さんから「コンテンツが大切って言われても、Webサイトにどんな情報を公開したらいいの?」のようなご質問をよく頂きます。

  7. ホームページの制作について打ち合わせするメンバー

    【ウェブ制作の流れ】これからホームページ制作を考えている人に知っておいてもらいたい制作の流れ

    これからPhotoshopとIllustarorでデザインについて学ぼう!HTML5にチャレンジしよう!とにかくWordPressがオススメって聞いたからやってみよう!…とその前にウェブ制作(ホームページ制作)の全体の流れについて知っておきましょう!今何をやっているのか、一体何のために作った...

  8. 伝え方が9割 なぜ、伝え方で結果が変わるのか?

    【本の感想】伝え方が9割 ~なぜ、伝え方で結果が変わるのか?~を読んでなるほどと思ったこと

    どんなに素晴らしい商品、サービスもお客さまに伝わらなくては意味がありません。お客さまは良い、素晴らしいと感じた商品・サービスを購入します。商品やサービスの良さをいかに相手に伝えるかというものは、どんな商売でも大切なことです。

  9. コンテンツとデザインのあるべき関係とは?

    【デザイン】コンテンツとデザインのあるべき関係について考える

    今日はデザインとコンテンツのあるべき関係について考えてみましょう!印刷物のように、Web上のコンテンツもすべて文字や写真、図表などから構成されています。Webの世界では、「コンテンツとデザイン」と呼ばれています。このふたつの要素は互いに支えあっており、切り離すことができません。

  10. SEOベストプラクティスをあなたのWebサイトに取り入れる

    【SEO】SEOベストプラクティスをホームページに取り入れる

    検索エンジン最適化(SEO)は、訪問者があなたのWebサイトを自然な結果によって見付けてもらえるようにする方法です。多くの企業は、その規模に関係なく、認知度やデザインを改善したりと、アクセス数を増やすためにさまざまな努力をしています。

ページ上部へ戻る