ブログ

子ども・小学生のゲーム・ロボットプログラミング教室の準備

ロボットプログラミングのレッスン写真

あなたはお子さんに対して、おもちゃ、ゲームすべてにおいて否定的になっていませんか?

親がゲーム、おもちゃのことをきちんと理解し、子どもに適切な付き合い方を教えていくことが大切だとガジェットは考えます。ゲームが子どもに対して与える影響は気になるところだと思いますが、ある小児発達医の先生は、こんな風に述べています。

テレビもゲームも内容や時間が常識的な範囲ならば、子どもの脳にはよい影響があると思ってます。

えっ、ちょっとびっくりですよね。しかし、ガジェットとしては、テレビゲームやこうしたおもちゃを使って楽しく学んでいくことを推奨しております。少々ゲーム性があった方が、盛り上がります!

 

このゲームをなんとかガジェットの教育に活かしていけないか考えました・・・。

 

そこで、いつも楽しくゲームの話をしてくれていたガジェットの生徒さんである、今井くんと子どものゲーム・ロボットプログラミングの企画を一緒にまとめてもらいました。(夏休み中)2人でガジェットの楽しい子どもプログラミング教室のブレストをしました。

ゲームから得られるメリット

  1. 思考や記憶
  2. 抑止力や注意力
  3. 脳を活性化
  4. 計画して実行する力
  5. コミュニケーション能力(海外のユーザーとのネットワーク対戦)

ただ、ルールなしでゲーム機を子どもに与えて良いというわけではなく、

「子どもには、現実とゲームの世界の区別がつきにくいこと」

「ゲーム機から発せられる光刺激が脳をつかれさせること」

などに注意が必要です。

と、難しく考えてもなかなか企画が進まないので、ガジェットでは次のように考えました。

プログラミングを学ぶ子どもを3つのステージに分けました。

 

子どものプログラミング学習におけるステージ

何からやっていいかわからない → WiiUのゲーム・CODEなどのウェブサービスにまずは挑戦して、プログラミングの楽しさを知る

やる気があるが、プログラミング言語はどれも難しそう → ブロックを組み立ててプログラミングするScratch(スクラッチ)などに挑戦

 

さらにプログラミングを仕事にしたい人は・・・

ExcelVBA、JavaScript、PHPなどのプログラミングに挑戦していきましょう!

 

ブロックを用いたロボットプログラミングの検証

小学生時代にとある大学でこのロボットプログラミングをやったことがあるという今井くん。高校生になった今、パソコンの設定から、プログラミングツールの検証など色々と調べてもらいガジェットの教材にまとめてもらいました。理系の今井くんは、数学や理科が得意とのこと。誰もが楽しく算数や理解を学べる仕組みを一緒に考えてもらい、他の教室にはない子ども・小学生向けのプログラミング学習キットができあがってきました。ありがとう、今井くん!

ロボットプログラミングのレッスン写真

  • お子さんにプログラミングを学ばせたいけど、何から勉強させたらいいか迷っている。
  • 子どもが算数が苦手(嫌い)で困っている。
  • 将来の仕事につながるプログラミングを今から学ばせておきたいお母さん。

どんな悩みでもかまいません。お子さんに楽しく算数、プログラミングを学ばせたいとお考えでしたら、お気軽にガジェットPCスクールまでご相談ください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コメントは利用できません。

関連記事

ページ上部へ戻る